日本の主食はなぜお米(ご飯)?

主食とは、普段もっとも食する物のことで、お米や麦など種子を食べる作物(穀物)とイモ類が代表的です。日本ではお米が主食ですが、麦やイモ類、トウモロコシを主食にする国もあります。それぞれの国の主食は、エネルギー源となる栄養素を多く含み、その国の気候や土地等の条件下で安定した多くの収穫できる作物が、長い年月をかけて定着したものです。

お米が日本の主食となった理由は何でしょう?
1.お米にはエネルギー源となる炭水化物が多く含まれている。
2.日本の気候にはお米が良く育ち、多く収穫できる条件がそろっている。

その条件とは、雨が多く、夏には日中の最高気温が熱帯と同じくらい高くなることです。また日中の最高気温が熱帯と同じくらい高くても、最低気温は熱帯ほど高くないことでお米の実りを良くしています。

また、お米には主食として優れた点があります。お米は狭い土地でも品種改良等、試行錯誤の上、収穫量を多くすることができるようになりました。収穫したお米は、乾燥させることで長期保存ができ、収穫が少ない時でも保存したものを食べることができるのが特徴です。

色々と理由は様々ですが、何よりお米はおいしく、日本人の好みによく合った食べ物であることが、日本の主食がお米(ご飯)になった最大の理由かもしれませんね。